So-net無料ブログ作成
検索選択

<生方氏解任>閣内「収拾」の思惑 批判を抑制(毎日新聞)

 民主党執行部が小沢一郎幹事長への批判を理由に生方幸夫副幹事長の解任を決めたことについて、19日の閣議後会見では枝野幸男行政刷新担当相が批判の声をあげたものの、そのほかは抑制した発言が大勢を占めた。執行部批判で求心力が低下している自民党を「他山の石」とし、事態の早期収拾を図る思惑が働いたようだ。

 枝野氏は「直ちに辞めなければならない部分があったかと首をかしげる」と解任に疑念を呈した。しかし、小沢鋭仁環境相は「幹事長代理を辞めて自分の意見を表明した」と自民党の園田博之衆院議員を評価したうえで「外部に意見を言う時は対応してからの方が良かった。解任は仕方ない」と生方氏を批判。前原誠司国土交通相も「議員個人の言論は自由でないといけないが、組織人として一定のルールもある」と述べた。

 かつての民主党は自由な党風が売りだった半面、執行部批判でしばしば党内が混乱する統制力のなさが指摘されていた。日ごろ「民主党らしさ」にこだわる鳩山由紀夫首相も19日、首相官邸で記者団に「党内で議論しないで、党の外で発言するのは党に影響を与えてしまう。必ずしも望ましいことではない」と生方氏への批判に同調した。

 山岡賢次国対委員長は大阪市内で記者団に「党内でゴタゴタがあるようなイメージを与えるのが一番のマイナスだ」と指摘。小沢氏と距離を置く仙谷由人国家戦略担当相も「ノーコメント」を通した。【坂口裕彦】

【関連ニュース
鳩山首相:生方氏更迭やむなし「議論は党の中で」
民主・生方氏:改めて小沢幹事長辞任求める
小沢幹事長:生方副幹事長更迭…執行部批判、辞任要求拒否
民主党:政調復活へ41人会合 小沢体制に反発
民主党:生方副幹事長、更迭 執行部批判で小沢氏強権 辞任要求拒否され

公明、与野党協議は全党参加で=自共「小沢氏招致が前提」(時事通信)
JR運転一時見合わせ、常磐道2時間通行止め 福島・震度5弱(河北新報)
上申書殺人控訴審判決 元暴力団組長に(産経新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)
佐賀大 ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。